目を閉じる女性

お金をかけずに手間を少しかける二重瞼方法

振り向く女性

自分は頑固な一重瞼なのでパッチリ二重瞼に憧れますが、美容整形に抵抗があるのでどうしてもできません。
整形となると費用もそれなりにかかるので、だったら自分でなんとかして二重瞼にしてみようと現在色々試しています。
アイプチは日常茶飯事つけていますが、なかなか二重の跡がつきません。
なので、外出先から帰宅したら洗顔をした後に二重シールをつけます。
自分だけかもしれませんが、洗顔後化粧水をつけるとシールの粘着が弱くなるので二重シールをつけてから化粧水をつけています。
この二重シールですが、実は自分で作ったものを使っています。100円ショップなどのお安いもので尚且つ枚数が沢山あるものを買い置きしています。
粘着があるところを瞼の形に合わせて切ります。慣れるまで面倒ですが、慣れるとと大体の大きさが感覚でわかるようになりました。
ちなみに絆創膏の色は透明のものを使っています。目立ちにくいのでお勧めです。
この手作り二重シールですが、つけているときはアイプチより綺麗にくっきり二重になります。
最近は嬉しいことに少し瞼に跡がついてきました。このまま続けてみるつもりです。
それから絆創膏のガーゼの部分は捨てるのは勿体ないので、ニキビなどの吹き出物が出たときにオロナインを塗りガーゼ部分で押さえつけて貼り付けています。
気のせいかもしれませんがガーゼをつけることで細菌が繁殖せず二次感染を防ぎ治りが早いみたいです。

TOP