目を閉じる女性

夏場も保湿ケアが必要

女性

暑くて汗をよくかく夏場は肌が潤っている気がしますが、実はクーラーで乾燥しています。夏も保湿ケアを怠れないのです。
汗をかいて潤っている感じがすると、お風呂上りに何もケアしないことがあると思います。入浴後は水分が蒸発しやすいので、素早く保湿をして乾燥を防ぐ必要があります。汗をかいていても肌内部は乾燥しているので、入浴後5分以内に保湿をしましょう。
クーラーを使っていると湿度が低下して、肌の水分が奪われます。オフィスでも使える小型の加湿器もあるので、加湿をして肌の乾燥を防ぎましょう。家では室内に洗濯物を干すのもよいです。
健康な肌なら湿度が低くてもバリア機能がしっかり働いて乾燥しにくくなっています。加湿器や保湿ケアで乾燥を防ぐことも大切ですが、食事をしっかりと摂り肌の状態をよくしましょう。
細胞の生まれ変わりにはタンパク質が必要です。ダイエット中の女性はカロリーが高い肉や魚を控えがちです。肉や魚を食べないとタンパク質が不足してターンオーバーが乱れ、ターンオーバーの過程で生まれる細胞間脂質や天然保湿因子などの保湿成分が不足した乾いた肌になります。日ごろからタンパク質を意識して摂っていれば、ターンオーバーが正常になり、乾燥しにくい肌になります。
夏場も乾燥しやすいので、保湿ケアをして乾燥を防ぎましょう。

TOP